大人ニキビと思春期ニキビの違いとその原因

思春期ニキビとは??

中高生の時ってニキビに悩む人が多いですよね。
1番周りの目が気になる時期だし、毎日顔を合わせるメンバーや好きな人だっているし。
そんな時期、繰り返しできるニキビ。しかも治りずらい。
毎日マスクをつけるわけにもいかないし。
いくら洗顔して清潔にしていても繰り返しできるニキビの原因て何でしょう?
思春期のニキビの原因は”ホルモンバランスにより皮脂の過剰分泌”だったんです!!
思春期のニキビは成長期において成長ホルモンの影響で皮脂腺が刺激を受け、皮脂分泌が活性化してしまいます。
成長期の時は、体を作るホルモンが多く分泌されます。そのおかげで、体が大きくなるのですが皮脂分泌にも影響を与えてしまします。
皮脂分泌が過剰に分泌されると毛穴が詰まってしまい、アクネ菌が繁殖しやすくニキビになってしまいます。
顔の中でも、特にTゾーンは最も毛穴が多く、その数は頬の約7倍になっています。
このニキビもホルモンバランスが整ってくる20代前後になると、自然と落ち着いてきてできにくくなります。

 

大人ニキビとは?

思春期の時のニキビと大人になってからのニキビ、少し違うと思いませんか?
思春期の時は、Tゾーンにできやすかったのが、大人になると大体の方がUゾーン、フェイスライン・あごなどが多くなります。
顔のフェイスラインの毛穴は、Tゾーンよりも小さく少ないんです。
なので、毛穴が詰まりやすく大人ニキビの原因となっています。
しかも、若いときよりしみ・後になりやすいのも困ったものですよね。
大人ニキビの原因は1つには絞れないぐらい多いです。
しかし、大元の原因としては”毛穴の詰まり”です。
その毛穴の詰まりになる原因は、乾燥・ターンオーバーの乱れ・ストレス・不規則な食生活・睡眠不足・飲酒喫煙・洗い残し・ホルモンのバランス等多くの要因が考えられます。
個の中でも、ストレスや不規則な生活習慣からくるお肌のターンオーバーの乱れが、大人ニキビには密接に関わっているといわれています。
ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのこと。新しい細胞と古い細胞が、約28日周期で入れ替わる、お肌の新陳代謝のサイクルです。
ターンオーバーのリズムは人によって異なりますが、このリズムが乱れると、古くなった角質が溜まってしまい、角質層全体が厚くなって毛穴がどんどん狭く詰まりやすくなってしまうのです。
これが大人ニキビへとつながるという考えがあります。
この、ターンオーバーの乱れを改善するためにニキビケアで大切なことは、しっかり清潔に保ち肌の潤いをキープしてターンオーバーが正常に働くというのが重要になってきます。
このターンオーバーがしっかり機能することにより、ニキビ跡や黒ずみもきれいになってきます。

 

ニキビケア商品では、”ニキビの炎症を抑える””保湿保水力を高める””清潔に保つ”が大切な有効成分になります。
そのポイントを、押さえてニキビケア商品を選ぶといいかもしれません。

 

↓↓おすすめクリスタルモーション↓↓

crystalmotion

 

>>トップページに<<